small_scale1

小規模多機能型居宅介護とは、ご利用者の状態に応じて【通い(施設へ通う) 】【宿泊(施設に泊まる) 】【訪問(自宅へ来てもらう) 】を組み合わせて提供するサービスです。

【これまでの介護サービスを利用する上での課題】
自宅で生活をおくる為に従来の[通い][(短期間の)宿泊][訪問]という介護サービスを利用してみると分かる事があります。「通い」はA事業所、「泊まり」はB事業所、「訪問」はC事業所というように、利用する介護サービスによって、事業所が異なるという現実。
介護保険制度は事業所ごとの運営が基本となるため、同じ法人が運営していたとしても、サービスが異なれば場所も職員も、それぞれ異なってしまうのです。
また、これらは事前に決められた日、決められた時間帯に提供されるサービスです。そのため、急な時間の変更や、サービス種類の変更には応じにくい仕組みともいえます。

小規模多機能居宅型介護

前述の課題を解決するために新たに創設された介護サービスが小規模多機能型居宅介護です。

  • 登録制のサービス(登録者以外の方は利用できません)
  • 登録すると、従来のケアマネージャーから、 登録した事業所の
    ケアマネージャーに移行
  • 利用料金は1ヶ月単位の定額料金(介護保険一部負担金のみ)
  • 【通い】【宿泊】【訪問】どのサービスを利用しても事業所に
    所属するなじみの職員が対応
  • 【通い】【宿泊】ともに、なじみの場所・なじみの顔ぶれの中で、利用できる
  • 【通い・宿泊・訪問】が1事業所から提供されるため、柔軟かつ迅速な対応が可能

小規模多機能型居宅介護だからできること

実践例 ①

【通い(10時に来所~16時に帰宅予定)】利用のAさん(独居)は、昼食後から風邪の症状がみられ、検温すると38.5度であった。

【本人と相談し、16時の帰宅予定を中止して宿泊することに】

実践例 ②

【訪問(16時~内服確認目的で訪問)】利用の認知症の状態にあるBさん(独居)、訪問すると朝から食事をした形跡がなく、食材もない状態

【本人と共に買い物に行き、一緒に調理をし、夕飯を食べ終えるまで滞在することに】

メッセージ

自宅での生活を一つの事業所が一体的に支えていくこの仕組みは、私たちの生活に即した、より実用的な介護サービスであると考えています。例えば『介護者が体調を崩した場合の急なサービスの利用』であったり、『お勤めをしている方の場合、急な残業により帰宅時間が遅くなるので、「通い」からの帰宅時間を遅らせて欲しい』といった要望など、電話一つで、迅速に対応することができます。
このような対応は、従来の介護サービスではなかなか困難でありました。対応するにしても、複数の事業所との調整が必要であったり、制度上の様々な問題を解決する必要があり、どうしても時間や手間を要してしまっていました。
人の生活は常に予定通りとはいきません。むしろ予定通りにいかないことが多いのではないでしょうか。ご本人様はもとより、介護者であるご家族様の生活に予定外の事が起こった時に頼れる介護サービス、それが小規模多機能型居宅介護です。

事業部長代理 福井幸成

施設

小規模多機能ホーム方南

〒168-0062 東京都杉並区方南2-6-28
TEL.03-5929-6105

※「居住」としてグループホーム「なごみ方南」を併設しています。

東大井倶楽部

〒140-0011 東京都品川区東大井5-8-12 3階
TEL.03-5783-0789

※「居住」としてグループホーム「東大井」を併設しています。

コメントは受け付けていません。

採用情報はこちら